結婚式でのファッションマナー

憧れの結婚式へご招待

e9943fbbf1a7eee20a32effa3f69c887
20歳を過ぎると段々増えてくる結婚式へのご招待♡
出席するゲストにとってもとても楽しみな1日ですよね。
普段は出来ない華やかなファッションにヘアスタイル,,,
パーティーの習慣がない日本人の私達にとってこんにおめかし出来る日は
そうそうないですよね♡
でも!!!
実はマナーがいくつかあることご存知ですか??
自分の中で最高のおめかしスタイル,,,,それ大丈夫ですか??
純白のドレスじゃなきゃOK!!と言うわけではありません。
結婚式は何でもありなパーティーとは少し違います。
一般的には準礼装と言った洋服のマナーがあるのです。
最近の流れでは昔ほど気になさる方はいらっしゃいませんし
どんな格好で行っても誰に怒られるわけでもありません。
でも見てる人は見ています。
大人のマナーとして最低限のルールを覚えておきましょう♡
※一般的なホテルやゲストハウスでのお式〜披露宴が行われる場合のルールです。

ドレスのマナー

お昼の式ではアフターヌーンドレスです。
お袖が付いていて膝より下の丈のシンプルな無地のワンピースです。
ノースリーブにボレロを羽織るアンサンブルスタイルでもOKです。
肩や足など肌を露出したワンピースや柄モノ、真っ黒のものはやめた方がいいですね。
黒いワンピースはお店のブライダル用でも見かけますが一般的には「喪」のカラーです。
黒を選ぶ時も、お祝いの席ではラメが入ったものや光沢のある素材の物にしましょう。
夜の式ではイブニングドレスや、イブニングドレスよりは肌の露出が抑え気味のセミイブニングドレス。
お昼よりは肌の露出があっても構いません。
昼夜問わず毛皮やファー物は殺生の意味もありますが正式にはコートなどと同じでアウターになりますので
チャペルや披露宴会場で羽織っているのは不自然と感じる方もいるので避けた方が無難です。
二次会やレストランウエディングなどではあまり気にしなくて良さそうですね♡

靴・バッグのマナー

お昼の式ではバッグは布製で小型のもの。比較的ドレッシーなもの
靴は革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
夜の式ではバッグはビーズやエナメル、光沢のあるシルクなどで小型のもの
靴はドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス。金や銀でもOK
最近ではバッグはあまり気にすることはなく、小さめのパーティー用なら大丈夫でしょう。
靴はパンプスか上品なオープントゥーならOK。サンダルやブーツはNGです。
そしてストッキングですが、基本はベージュです。上品なラメ入りも大丈夫と思います。
それ以外例えばカラータイツや編タイツは正式な場ではNGです。黒も避けた方が良いでしょう。
柄はワンポイントの物はOKですが、大き目の柄が足全体に入っている物はやはり好ましくはありません。

アクセサリーのマナー

お昼の式ではパールなど光らない素材のものや布製のコサージュなど
夜の式では宝石類など光る素材を使ったゴージャスなもの
どちらも主役は花嫁なのであまりに目立つものはマナー違反です☆

ヘアスタイル・ヘアアクセのマナー

こちらは特にルールはありませんが、どんなヘアスタイルにするにも上品に仕上がるように
心がけましょう。モリモリのアップやキラキラスプレーの振り過ぎには注意しましょう。
コサージュやカチューシャなども派手過ぎないものにしましょう。

素敵なゲストになろう

結婚式でのゲストは新郎新婦の品格にも影響を与えます。
お友達のあなたが常識のない格好をしてると新郎新婦まで恥ずかしい思いをすることにも
なりかねません。最低限のルールをしっかりと知り、マナーある大人の女性で結婚式に華を添えましょう♡

関連記事

return top