化粧水を正しく使って美肌を目指そう♡

dd5163a2aaf2d7cd139ff41c781ad6b0

化粧水の効果と種類

化粧水は、洗顔後の素肌に最初につける基礎化粧品の事です。
そしてひと言に化粧水と言っても実は色々な目的に合わせた様々な種類があります。
代表的なものとして,,,,
一般化粧水⇒主に保湿を目的とした化粧水
美白化粧水⇒シミ・そばかす対策と美白目的の化粧水
拭き取り化粧水⇒保湿や美白化粧水などよりも前に使う、古い角質や汚れを拭き取る化粧水
収れん化粧水⇒肌を引きしめ、皮脂コントロールをしキメを整える化粧水
その他にも敏感肌用やニキビケア用、日焼け後の肌を沈静させるローションなど、
化粧水の種類はたくさんあります。

基本的に化粧水の効果は “お肌を保湿してキメを整える事”
洗顔後のデリケートなお肌にはまずは充分な保湿をしてあげることが大切です。
そして保湿することで、その後に使う乳液や美容液などが浸透しやすい状態に整える事が出来ます。
ですので様々な化粧水がある中、何を選べばいいか迷ってしまいますが
まずは “一般化粧水” で基本的な保湿をした上で自分の目的にあった化粧水をプラスして使用するといいと思います。

 

手のひら??orコットン??

化粧水を付ける時、手のひらかコットンを使うかどちらにされてますか??
雑誌やネットを見ても化粧水の付け方1つでも様々な情報があり、一体どれが正しいの!?って思う方もいらっしゃるでしょう。
私もその1人でした。なので私は両方試してみました。
それでやはり1番お肌に良いのは同じ “肌” だと私は思いました。
そこにも個人差があると思うんです。私の母は長年コットン派ですがとっても綺麗なお肌なんです。
だから自分の肌で試して、自分にあった方法を見つけるのが1番良いと思います。
ただ、色んな情報を見てると最近ではコットンを使うと「肌が赤くなった」「ニキビや吹き出物が増えた」などのトラブルが起きる可能性が多いようです。
その原因の1つとして皮膚に無数の傷を付けてしまうことがあるからだそうです。
コットンにも色んな種類がありますので、使用する際は出来るだけいいモノを選びましょう。

 

化粧水の付け方

まずは手を温めましょう。温かい手が理想のようです。
温まった手のひらに化粧水を少量乗せ、顔全体を覆うようにして肌になじませましょう。
その時はお肌を引っ張ったり叩いたりせず、手のひら全体で顔を包みながら、優しくプレスするように化粧水をなじませていきましょう。
今度は、目もと、口元、小鼻、鼻の下、眉など細かい部分を重点的に指の腹の部分も使っておさえていきます。
それを何度か繰り返し(回数には個人差があります)手のひらが肌に吸い付くような感触になれば保湿が出来た合図です♡

化粧水を使う量として、よく “手のひらに500円玉くらいの大きさ” と書いてありますが
私はそれは少し多い気がします。少しづつ少しづつお肌の状態を見ながら付けていく方がいいと思います。
※特に乾燥肌の時は肌が弱っていて水分の吸収力が衰えている状態ですので
1度にたくさん吸収できずかえって負担になるそうです。

今まで洗顔のあとにお肌を濡らす程度にパパっと化粧水をつけていた方。
1度この方法でゆっくりじっくりお肌に浸透させて上げてみて下さい♡
きっともっと綺麗なお肌になると思います。
そして最近多い「洗顔後はこれ1つでOK」と言うようなコスメを使う時も
化粧水だけはその前にしっかり浸透させてあげましょう。
化粧水を正しく使って今よりもっと綺麗なお肌を目指しましょうね!!

関連記事

return top