止まらない食欲をコントロール!!

食欲の秋

6bb88d9d7922a6e3114341fc4a4d6e54 e28e78f010772c3a181258b1f6a008f8 ed3e88341ab8daaf5164b06a1cd12a36

だからって食欲にまかせて食べていては体重があっと言う間に増加!!
秋から冬にかけてはいつも太ってしまうと言う方
多いのではないでしょうか??私もそうですw
秋になって涼しくなると食欲も沸くし美味しい味覚もいっぱいで
どうしても食べる量が増えます,,,
そしてそのままの調子でクリスマスに忘年会にお正月!!
外食の機会も増え、年明けには夏より数キロ増えてる,,,
そんな事が毎年繰り返されます。
抑えれるものなら抑えたい必要以上の食欲☆
なぜ秋になると食欲が増えちゃうのでしょうか??

食欲アップの原因

“夏バテ気味で低下してた食欲が涼しくなることで回復してくる”
“秋の味覚、旬の物が多くなるので自然と食べたくなる”
“食べ物が捕れなくなる冬に向けて蓄えを作るという生き物の自然の摂理”
こういう話しはよく聞きますよね。とっても納得出来るお話です。
ですが実はもっと現実的な原因もあるのです。
☆日照時間の減少

e9c3b68c2b4988679a50b251c5ffd542
食欲にも関わってくるセラトニンと言う物質があります。
セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一つです。
セロトニンが適切に分泌されていると、落ち着きや心地よさの精神の安定や満足感などを感じます。
そのセロトニンは日光にあたることで分泌量を増やすことが出来ます。
しかし秋になって日を浴びることが少なくなるとセロトニンの分泌量が
夏より減ってしまいます。
そして日光にあたる以外にセロトニンの分泌量を増やす方法は
セロトニンの素になるトリプトファンという必須アミノ酸が必要になるのですが
必須アミノ酸とは、体内で合成できないアミノ酸のことなので
食物から摂取するしか取り入れる方法はありません。
よってカラダが精神の安定を保つ為に、たくさん食べようとして
食欲が増すのではないかと言われているそうです。
☆気温の変化
気温が低下する体温を保持するために基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がればその分使うエネルギーも多くなるので
たくさん補給しようとしてお腹が空くとも言われています。

必要以上な食欲を抑えるには

☆野菜・海藻などの食物繊維から食べる
07acb616c9ced4aac2ae2076b3f02d31
ダイエットにも良いと話題になったこともありますよね。
実際にこれらの食べ物は食欲コントロールにも効果的で
歯ごたえがあり自然と咀しゃく数も増え「満腹感」が得られます。
その後の食事の脂質や糖質の血糖値の上昇を抑え脂肪として蓄えられにくくなります。
☆炭酸水やお茶・水などノンカロリーの飲み物を
85514143a1263f2121bef3fb7f699b9d cb0d6dab20882a5c83ca2e3420891661

空腹時や食事中にこれらのノンカロリーの飲み物をとることも
食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。
水分、特に炭酸水には代謝を良くする効果もあり
エネルギー消費が増えダイエットにも効果的です。
甘いお菓子を食べる時も意識して水分をたくさん摂って
食べ過ぎを防ぎましょう。
☆綺麗な姿勢でよく噛んで
姿勢を維持する事はそれだけで代謝がアップします。
姿勢に意識を持っていく事で必要以上の食べ過ぎ防止にもなります。
そして何よりよく噛んでゆっくりと食べましょう!!
脳からの満腹サインが送られるのに10分〜15分かかると言われています。
早食いは満腹サインが届く前に食べ終わってしまうので
ついつい食べ過ぎてしまうのです。
そして噛むことは小顔効果やアンチエイジングにも効果的だそうですよ♪
☆運動をする
運動をするとお腹が減るイメージですが実はアドレナリンが分泌され
食欲は低下するのです。
最初にお話したように日光に当たることでセロトニンの分泌量も増えますし
青空の下で適度な運動は健康にも食べ過ぎ予防にも良い事なんですね。
☆空腹時にガムを噛んだり歯を磨いたり
ガムを噛むこと(咀しゃくをすること)によって
満腹中枢が刺激され食欲が抑えられます。
キシリトール配合の物は虫歯予防にもなりますし
噛む事で集中力・記憶力のアップ、ストレス解消にもなります。
そして私達にとって歯磨きは食後の行動という感覚があるため
歯磨きの後に何か食べようとはあまり思いません。
なので自然と間食も減らせます。

食欲の秋には色々と理由があったんですね☆
食欲を抑えるちょっとしたコツを知っているだけで
今までよりは食べ過ぎずに過ごせるかも知れませんね❤

関連記事

return top