美容の為にも良質な睡眠を☆

2642e86fbc272628dba85f9079613e06
夜なかなか寝つけない,,,夜中にいつも目が覚める
寝ても疲れが取れない,,,日中猛烈に眠くなる,,,など。
現代人のこれらの不眠症状は、人間が本来持っている自然の生活リズムが
夜更かしや日常のストレスなどで乱れてしまった事に原因があります。
分かってはいるけど仕事でどうしても早寝が出来ない,,,
そんな方がたくさんいらっしゃると思います。
しかし短時間睡眠でも「質の良い睡眠」が取れれば脳もカラダも充分に回復することが可能です。

 

質の良い睡眠とは

質の良い睡眠とは深くぐっすり眠ることや8時間は絶対!!というわけではありません。
睡眠の質を左右するのは、「90分周期」という睡眠リズムです。
皆さんも1度は聞いたことがあると思いますが
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠のリズムがあります。
よく浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠といいますが
良い眠りは深いノンレム睡眠だけをとればよいというわけではないのです。
主に脳が休む深い眠り「ノンレム睡眠」と、カラダが休んでいる浅い眠り「レム睡眠」
この2つの睡眠が交互にリズム良くとれるかどうかが重要なのです。

5d5aa4f72b216cbe48b8d41c319d2f1c

レム睡眠とノンレム睡眠

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている

【レム睡眠】
・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・筋肉の疲労回復
・トイレに起きやすい
・物事で目が覚めやすい
・脳は働いているのでこの時目覚めるとすっきり起きられる
・脳は動いているのでこの時よく夢をみる
・脳を動かして記憶の固定をしている

ノンレム睡眠(Non Rapid Eye Movement)のときには、心身を活性化する重要なホルモンがたくさん分泌されています。
子どもちにとって重要な成長ホルモン、大人にはカラダの疲労回復には欠かせない働きをしてくれます。
そして美容には欠かせない血液の循環や呼吸、体温の調節などが行われ、カラダが活性化します。
レム睡眠(Rapid Eye Movement)では、起きているときに蓄積した情報を処理し
記憶の固定を行います。そのため脳は中途半端に覚醒し、文字通り眼球が速く動いている状態です。
体が眠っていて脳が起きている状態で、夢を見るのはこのレム睡眠の間です。
睡眠は主にこの脳が休む深い眠り「ノンレム睡眠」と
カラダが休んでいる浅い眠り「レム睡眠」という2種類の睡眠が1セットになって
90分周期で現れることで構成されています。

d6ef452de78ce18ba6079d83e9368980

睡眠のリズム

睡眠は寝入って最初の3時間程は特にノンレム睡眠が集中して現れ
体の回復を促す成長ホルモンが大量に分泌されることが分かっています。
また脳も最大限に休息するので心身ともに最も重要な睡眠の時間になります。
そしてその後浅い眠りのレム睡眠に移ります。
以降約90分間隔でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。
ですので睡眠のリズムは3時間+90分の倍数時間となります。
そして脳が活動しているレム睡眠期に目覚めれば、爽快な目覚めを得られます。
このリズムが快眠に最適な睡眠時間ということになり
3時間(+90分の倍数時間の)睡眠を実行すれば、短時間でも質のいい睡眠を得られます。

8e290992bfdca3cceb6ba2627c9faa96

体の回復のゴールデンタイム

ゴールデンタイムもよく聞きますね。
それは夜22時から深夜2時。
その間に成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞の修復や回復が行われます。
さらにゴールデンタイムの間に、寝入って最初の深いノンレム睡眠が取れれば
成長ホルモン分泌の相乗効果が得られるので女性の美容の為にはなお一層効果的です。
現代社会の中では早く寝る事はなかなか難しいと思いますが
なんとか深夜0時までには寝る事が出来るように生活リズムを調整しましょう♡

関連記事

return top