脚のむくみ解消法!!

脚がむくむメカニズム

カラダの細胞と細胞の間の水分(間質液)はリンパと共にを流れます。
リンパはその他にも老廃物や疲労物質も一緒に流す働きをしています。
そんなリンパは血液の流れと違って《カラダの末端から心臓への一方通行》なのです。
血液は心臓のポンプで全身を循環します。
でもリンパにはそのようなポンプもなく、全身をめぐるのにもとっても時間がかかります。
ですので立ち仕事などでどうしてもカラダの末端の脚に流れが滞ってむくみになります。
その上リンパ管は柔らかく折れやすい為、長時間座っているだけでも圧迫され
リンパの流れが妨げられた結果、むくみになるのです。
なので、デスクワークで1日座ってる人、立ち仕事の人の両方が
夕方になると脚がむくみ、立ち仕事の人は老廃物や疲労物質もたまるので
脚が痛くなるのです。
仕事をしていると脚のむくみを完全にとることは難しいですよね。
でも少しでも改善出来る様に下記のポイントを知って
実行してみて下さい!!

リンパの流れを良くする

そんな滞りがちなリンパの流れを助けてるのが実は筋肉なのです。
男性より女性の方がむくみやすい事にも納得ですね。
特にふくらはぎの筋肉は流れを良くするポンプの働きをしています。
ですので適度な運動もやはり必要になってきます。
立ち仕事の方は、かかとの上げ下げ20回程度を1日何度かしたり
デスクワークで座りっぱなしの方は座りながら足首を回したり
出来るなら数分椅子に脚を上げるだけでも効果的です。
また睡眠不足もむくみを悪化させます。
立っているときに比べ、寝ているときは足にかかる重力が弱くなり
リンパが流れやすい状態になります。
睡眠は脳を休めるだけでなく脚のむくみも軽減してくれてるのです。
そして入浴中や寝る前に脚のマッサージをするのも効果的です。
リンパの流れはカラダの末端から心臓の一方通行です!!
脚の下から上に向かってマッサージしましょう。
11b8df26675a67adba4fe6221f6b4ed7 1de7409bf678aedf5883717eab34acb1

カラダに余分な水分をためない

塩分の摂り過ぎ
塩分の摂り過ぎは血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出し
細胞の間の間質液がたまります。
余分な間質液が増える事で、体がむくんでしまうので気をつけましょう。
利尿作用のあるものを
お仕事中にカフェインのあるドリンクで休憩したり
(カフェインで夜眠れない方は夕方4時までにしましょう)
食事でも利尿作用のあるスイカ、きゅうり、豆類
メロン、バナナ、キウイフルーツなど、カリウムも豊富なので
むくみには効果的な果物です。
また海草類は水分代謝をスムーズにする働きがあるので、積極的に摂りましょう。

代謝を良くする
代謝が悪くなると血液やリンパの流れも悪くなり余分な水分がカラダにたまります。
また脂肪が燃えにくくなり太りやすいカラダを作ってしまいます。
体が水分不足と感じる前に水分をこまめに摂り続けることが非常に大切です。
一回に200mlほどを、こまめに摂るのがオススメです。
そして夜はシャワーではなく出来るだけ湯船に浸かるようにしましょう。
代謝も上がり適度な水圧でカラダの凝りもとれます。
入浴中に脚のマッサージをする事もとっても効果的です。

このようにリンパの流れを良くし、余分な水分をカラダに溜めない事。
それがむくみ解消につながります。
お仕事をしながらでも出来る事を少しでも実行して
むくみをとってキレイな脚を目指しましょう♡
98fd15bc8c7daeb26202ddfbf986bc73

関連記事

return top