カリスマが勧める美容に良い食材

美容にも健康にも良いアーモンド
062200a0a9f54364675cb584e3ab035e

アーモンドと聞くと、なんだか太りそう,,,ニキビや吹き出物が出そう,,,
そういったマイナスのイメージがあると思います。
そんなアーモンドが近頃ではアーモンドがダイエットに多く活用されています。
しかも実は栄養価も豊富でアンチエイジング効果もあるというのです!!
今、アーモンドが話題になっています。

アーモンドの栄養素

アンチエイジングに効果の高い、強い抗酸化力があるビタミンEが
アーモンドに多く含まれています。
ビタミンEの摂取目安量は、成人男性で1日あたり7.0mg、成人女性では6.5mg。
アーモンドは1粒約1gなので、男性でアーモンド約22粒、女性では約20粒で1日が摂取目安量。
カロリーも20粒では約120kcal。そんなに高いわけではありません。
甘い高カロリーなケーキを食べるよりおやつ代わりにアーモンドを食べた方が
美容にとってもいいのです。腹持ちも良いので食事の量も減らせるかもしれません。
また、ビタミンB2は脂肪燃焼に不可欠な栄養素。
そんなビタミンB2もアーモンドには多く含まれています。

その他にも多く含まれているオレイン酸・リノール酸。
ともに血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあり
血液をサラサラにする効果があります。そのため、動脈硬化を予防する効果、心疾患などのリスクを低くする効果があります。
そしてアーモンドの良質な脂質はダイエット効果も高め
オリーブオイルと同じ不飽和脂肪酸でリバウンドも抑えられるそうです。
アーモンドは、健康効果の高い食材なのです。

シワが減るお野菜
108516

アメリカの実験で色の濃い緑黄色野菜を食べ続けた人たちの
目尻シワが減ったと言うデータがあるそうです。
緑黄色野菜は淡色野菜に比べてカロテンの含有量が多いものです。
厚生労働省の基準では、原則として可食部100g当たりカロテンが600μg以上のものを
緑黄色野菜としています。
カロテンは、老化や生活習慣病の原因になる活性酸素の害を防ぐ働きがある栄養素です。
代表的なお野菜では、ほうれん草、小松菜、春菊、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ
にら、サラダ菜、ねぎの青い部分、赤ピーマン、トマト、ピーマン、グリーンアスパラガスなど。
緑黄色野菜だけでなくバランスよく淡色野菜も食べることが理想ですが
緑黄色野菜の割合を多くしましょう。
スーパーに行った時には色んな色のお野菜を買うように心がけましょう。

関連記事

return top